FC2ブログ

新型インフルエンザの「本当の怖さ」

新型インフルエンザに関しては、報道も含めて「過剰反応」のような気がします。

ぶっちゃけ「たかが風邪」でしょ?

医者にかかって薬を飲んで数日間寝ていれば治りますよ。
致死率の高いペストやコレラと同列に語るのはどうかと思いますね。

体調が悪い時には、出歩かず家でおとなしくしていれば良いだけのこと。
マスク着用とか手の消毒なんて、やりたい人が勝手にやればいいと思いますが、強制されるなんて、まっぴらごめんです。

なんて書いたら「非国民」とか言われるのかな?

でも、新聞で「全員がマスクをしている集会の写真」を見たとき、インフルエンザとは別の意味で「恐怖」を感じました。

いつから日本は「ファシズム」になったんだ?
スポンサーサイト



テーマ : 豚インフルエンザ - ジャンル : 政治・経済

今夜の白袴 (笑)

朝、目が覚めてみるとPCの電源が切れていた。

そういえば、早朝に停電があるというチラシが入っていたが、あれは今日のことだったのか。。
私は、早速PCの電源を入れ、メールの確認をしようとした。

あれ?
ネットが切れてる!?

私の部屋には、インターネットとCS放送が付属しているので、LANケーブルを挿すだけでインターネットに接続できるようになっているのだが、過去に何度が接続できないトラブルがあった。
問い合わせたら「4日以内に復旧します」という悠長な対応をしてくれる素晴らしい会社である。(苦笑)

昨夜は問題なく接続できていたのだから、早朝の停電によって何らかのトラブルが発生した可能性が高い。
さて、困ったな。。
とりあえず、外出の予定があったので、詳細は帰宅後に確認することにした。

続きを読む »

テーマ : パソコンサポート - ジャンル : コンピュータ

パソコンは、「電源ボタン」で切りましょう!

Windows Vista が、使いにくいらしい。


「終了」の操作も、その一つの要因になっているかもしれない。

Windows XP では、「終了オプション」(電源マークのボタン)をクリックし、「電源を切る」をクリックすれば良かった。
時々「新しいプログラムがインストールされました」のメッセージに邪魔されて「終了オプション」のボタンが隠れてしまう問題はあるが、操作自体はわかりやすい。

ところが、Windows Vista では、通常「電源マークのボタン」をクリックしても、「スリープ状態」になるだけで、完全に電源が切れるわけではない。
完全に電源を切る(シャットダウンする)ためには、その右の方にある小さな「三角」をクリックして、「シャットダウン」をクリックする必要がある。

そもそも、「すべてのプログラム」が右へ展開されるのではなくスタートメニュー内の表示を切り替えて利用できるようになったのは、スタートメニュー内で真横にマウスを移動するという操作が、初心者には難しいと判断したからではないのか?

それなのに、小さなボタンを選択させ、そこからマウスを真横に移動させることを要求する操作方法に、大きな矛盾を感じてしまうのは、私だけだろうか?


ただ、この問題には、救いがある。
「コントロールパネル」の「電源オプション」から「電源ボタンの動作を選択する」を選び、「電源ボタンを押したときの動作」を「シャットダウン」に設定しておけばよいのだ。

これで、あなたのパソコンは、テレビと同様「電源ボタン」で切ることができる。


Windows98の頃は、動作中に電源ボタンを押すといきなり電源が切れてしまって、大切なデータが失われたり、ハードディスクが故障する恐れがあった。
でもそれはもう「過去」の話。
このように設定しておけば、電源ボタンを押しても、きちんと「シャットダウン」の手順を踏んで、安全に終了して、電源を切ってくれる。


せっかく用意された「便利な機能」を使わないで「使いにくい」と言って敬遠するのは、非常にもったいない気がする。


個人的には、Windows Vista は、「非常に使いやすくなった」と思っている。
あ、でも、せっかく慣れたのに、もうすぐ「Windows7」が出るんですよね?

ま、似たようなものですよ。たぶん。。

テーマ : どーでもいいこと - ジャンル : コンピュータ

インターネットエクスプローラを起動すると「英語のページ」が毎回表示されて困った話。

インターネットエクスプローラを起動したら、英語のページが表示されます。
その後、別のアドレスを入力したり、お気に入りから選択したら、正常に表示されます。
一旦インターネットエクスプローラを閉じて、再度開くと、やはり同じです。
インターネットオプションで、ホームページの設定を変更しても同じです。

スパイウェアに感染したんじゃないかって?
そんなはずはありません。
このPCは、リカバリしたばかりなんですよ!

でも、もしかして。。

で、もう一度リカバリしてみました。

結果は。。。同じです。(ToT)


その英語のページとは。。

続きを読む »

テーマ : トラブル - ジャンル : コンピュータ

「それ」をたずねて三千里

まさか、こんなことになろうとは。。


「それ」は、パソコンを扱っているような家電量販店なら容易に手に入るものである。
場合によっては「百均」(百円均一ショップ)で売られていることもある。
普段の私なら、予備を持ち歩いているのだが、生憎その日は持っていなかった。
残念ながら、近くに家電量販店はない。


私のかすかな記憶の中では、「それ」はコンビニでも売られていた。
そこで私は、「では、ちょっと買ってきましょう」と言った。
言ってしまった。
今から思えば、それがそもそもの間違い。。。


最寄のコンビニ「F」には、「それ」は無かった。そこで私は、次のコンビニ「7」を目指した。
まさかの二連敗。。。

淡い期待を込めて入ったスーパー「H」にも、その隣の小さな電器店にも、「それ」は無かった。

道端にあった別の電器店でたずねると、「あるはずだが探すのが困難」(確かに、雑然と商品の並ぶ店内から、目的のものを探し出すのは至難の業である)とのこと。
実は、「それ」は今まさに目の前で使用されているのだが、まさか、その店で使用しているものを戴くわけにもいかない。

店主曰く、「ホームセンターなら置いてあるだろう」とのこと。
そうか、確かにあるかもしれない。


ホームセンター「C」には、無かった。まぁ、ここはそれほど大きくない。
次のホームセンター「K」はかなり大型なので期待が持てる。
・・・が、やはり見当たらない。
私の調べ方が足りないのか、別の売場に分類されているのか。。サービスカウンターで店員に聞いてみた。

確かに「それ」はあった。一応機能はする。というより、多機能すぎ。値段も倍以上。「百均」からすれば十倍以上だ。どうしようか迷った。

ふと気がついた。ここまで来ると、家電量販店も目と鼻の先である。
「わざわざ高い買い物をすることはない。」

すでに1時間以上が経過していた。
ここまで遅くなったら、もう開き直るしかない。



ふと、「百均ショップ」の看板が目に留まる。
「まさか。。」


目的の「それ」は、そこにあった。税込み105円。
すっかり脱力の私。。


結果、「それ」は問題なく機能し、事なきを得た。
約2時間のロスタイムは、私の状況判断のまずさを再認識させてくれた。



冷静に考えれば、最近は「それ」が付属している場合が多く、あるいは、以前のPCで使用していたものが流用できることもあり、購入が必要になることは稀である。
だが、ここまで手に入れるのが困難なものになっているとは、私の予想をはるかに超えていた。
地域的なものもあるのかもしれないが。。。



さて、私を翻弄した「それ」が何か、おわかりになりましたか?

続きを読む »

テーマ : ▼どうでもいい話 - ジャンル : 日記